最新記事

英語の子音 Consonant Vol.6 流音【Liquid Sound】

Consonant Chart / 英語の子音チャート

縦軸はサウンドと無声音(Voiceless)、有声音(Voiced)、横軸は口腔内の部位です。

さあ、いよいよ発音記号の解説最終章は子音の流音(Liquid Sound)です。下のチャートの太字の発音記号です。歯茎の有声音のみで、2種類あります。日本人を発音とヒアリングで悩ます[l][r]ですが、舌の動かし方のコツを掴んでサウンドの違いを覚えたら怖いもの無しです。

無声(VL)

有声(VD)

唇歯 歯間接 歯茎 口蓋 軟口蓋 声門
 

破裂音又は閉鎖音

VL

VD

[p]

[b]

[t]

[d]

[k]

[g]

摩擦音 VL

VD

[f]

[v]

[θ]

[ð]

[s]

[z]

[ʃ]

[ʒ]

[h]

 

破擦音 VL

VD

[ʧ]

[ʤ]

鼻音 VD [m] [n] [ŋ]
流音 VD [l], [r]
半母音 VD [w] [j]
  • この他に、前にある母音を伸ばす記号[:]があります。これはよく出てくるので、覚えてしまいましょう。

 

流音【Liquid Sound】

流音 (Liquid Sound)は舌の動きとポジションで決まる音

流音(鼻音でも無く、摩擦の無い継続音)は舌と歯茎を組み合わせて使った発音で、2つの有声の発音がああります。日本語には無い発音。[l][r]の音の仕組みを理解して、発音をマスターすれば、ヒアリングで聞き分ける力も上がります。

[l] 流音(有声:voiced)

アルファベットでは”L”がこの発音になります。唇を軽く開け、舌先を上の歯の付け根につけて、「ウ」と発音してから舌先を離すまでが一連の発音です。舌の脇から息が流れ出るイメージです。

  • 息が続く限りサウンドさせることができる持続する発音なので、歌う場合には母音の様にロングノートでも使える発音。
  • 舌を持ち上げて空気の通り道をふさいでいるので、こもったサウンドです。
  • 最後にしっかりと舌先を上の歯の付け根から離す所までを意識しましょう。
  • 舌先の破裂音[t][d]をもう一度思い出して、比較するのも良い練習方法です。
英語の子音 Consonant vol.1 破裂音【Stop Sound / Explosive Sound】Consonant Chart / 英語の子音チャート 主要な子音の発音記号チャートを作ってみました。縦軸はサウンドと無声音(Voic...

 

実践その1

口の空間を意識して、できるだけゆっくり、ハッキリ発音エクササイズしましょう。

  • [lʌl]
  • [lel]
  • [lıl]
  • [lɔl]
  • [lul]
[l]の発音と単語の例
単語 発音記号
doll dɑ(ː)l, dɔːl
letter létər
only oʊnli
light laɪt
little lɪ́t(ə)l

 

[r] 流音(有声:voiced)

アルファベットでは”R”がこの発音になります。口の中に丸く空間を作って唇を軽く開け、舌を浮かせて喉の奥に引いて「アー」と発音してみましょう。口の中の空間と持ち上がった舌の隙間から息が流れ出ます。

  • 舌先を後ろに丸めるイメージよりは、舌全体を中ほどから持ち上げて奥へ引くイメージです。
  • 舌を持ち上げて息の通り道を塞いでいるため、口蓋に音が響くのでこもったサウンドです。
  • 同じ様に口蓋に音を響かせる母音の[ə]を思い出して[r]との違いを確認しながら練習するのも良いでしょう。
  • 比較的単語の末尾に来る発音記号なので、歌唱ではロングノートで使う場合も多いです。丁寧に発音する事で、ロングノートをしっかりキープしたり余韻を残すことができます。
アルファベットの”R[ɑːr]”を発音する時は母音の[ɑ]を発音したまま「アー」と言いながら最後に舌を喉の奥へ引くイメージです。ゆっくり大袈裟に練習してみて下さい。「アー [a:ru]」と聞こえたら間違いです。
実践その1

できるだけゆっくり、ハッキリ発音エクササイズしましょう。

  • [rʌr]
  • [rer] *この発音は”rare (稀な)”の発音記号です。
  • [rır] *この発音は”rear (後ろ)”の発音記号です。
  • [rɔr]
  • [rur]
[r]の発音と単語の例
単語 発音記号
rib rıb
road roʊd
right raɪt
grass ɡræs
really ríːli, rɪ́li

 

[l][r]の発音&リスニングチャレンジ

[l]と[r]の発音とリスニングできるかな?お友達と一緒に練習したり、録音して自分の発音を聞いて確認するのも効果的です。出来るだけ発音記号ひとつづつはっきり発音するところから始めましょう。楽しみながら発音してみて下さいね。

  • ring [rıŋ](輪、指輪) ling [lıŋ](植物の名前)
  • red [red](赤、赤の) led [led](leadの過去・過去分詞形)
  • rack [ræk](棚、ラック) lack [læk](不足、欠乏)
  • right [raıt] (右、正しい)light [laıt](光、灯り)
  • grass [græs] (草、芝)glass [glæs](ガラス、グラス)
  • mirror [mırər] (鏡)miller [mılər](粉屋、水車屋)
  • error [erə](誤り、過失)Ella [elə](エラ:女性の名前)

↓これは今すぐ流暢に発音できなくても大丈夫です。単語一つづつ練習して最後につなげて発音します。NYを旅する人は言えるようにしておくと便利かも?
Long Island Railroad [lɔːŋ áɪlənd réɪlròʊd]

流音【Liquid Sound】まとめ

日本人には馴染みのない流音ですが、[l][r]はどちらも正確な発音のテクニックを身につければ、単語一語でロングノートにしたり、フレーズをスイングさせる事に使える発音です。

上記の流音以外にも似通った単語や発音を間違えやすい単語があります。私も日常生活で時々「あれ?」と混乱する事があるので、気がついた単語を列挙する発音エクササイズの章を設けようと思います。この後はジャズスタンダードの曲を例にして発音記号を使いながら、単語の発音、文章の発音に落とし込む練習方法を解説します。